追手門学院大学アメリカンフットボール部SOLDIERS » 【主将挨拶】2016年シーンズンを終えて(主将 信田 耕佑)
【主将挨拶】2016年シーンズンを終えて(主将 信田 耕佑)
2016年12月24日(土)

【主将挨拶】2016年シーンズンを終えて(主将 信田 耕佑)

2016年12月24日(土)

Soldiersファンの皆様、大学関係者の皆様、後援会の皆様、父母会の皆様、OBの皆様
いつも多大なるご支援・ご協力をいただき誠にありがとうございます。

12月10日の試合をもちまして、2016年度のシーズンを終えました。
結果はリーグ戦5勝0敗で入替戦に出場し、入替戦にも勝利することができました。

この結果、来年から2部リーグで戦うこととなり、やっとスタートラインに戻ってくることができました。

キャプテンに選ばれた時は、自分がこのチームをまとめることができるか正直不安でした。それでも、コーチ・同期・後輩に助けられここまでやってくることができました。この56人のメンバーは僕にとってかけがえのない存在です。

私はこれまでアメフトの練習さえしっかりしていれば試合に勝てると考えていました。
しかし、それだけではチームは強くならないんだということにキャプテンになって初めて気づきました。
部活動だけではなく、学業、プライベート全てを全力で取り組む。そう決めて、学内の清掃活動や、授業開始の10分前に集合し全員が確実に授業に出席する体制づくりなど、一見アメフトとは関係の無いことにこだわりやり続けました。

その結果、部内の成績が向上し、全員のアメフトに対する取り組みが変わりチームは強くなりました。
それは自分たちの取り組みの他に、今までチームを支えてくださった方々のおかげでもあると思っています。
本当に感謝しています。

それでもまだ改善する点は多いと思います。後輩たちにはさらにチームを良くしていってもらいたいと思います。

Soldiersでの4年間で得たものは全て宝であり、これからも大切にしていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

松井部長、足立ディレクター、青木ヘッドコーチ
まだまだ未熟な僕を成長させていただきありがとうございました。来年から社会人ですが、この一年で培った事を生かして頑張りたいと思います。

同期へ
17人がいたから今の自分がいると思います。本当にありがとう。

後輩へ
来年から2部で強い方のリーグと聞きました。ですが、そんな事関係ありません。OBとして全力でサポートするので、勝って勝って勝ち続けてください。
応援してます。

主将 50番 信田耕佑

信田 耕介

 

 

Leave a comment
More Posts
Comments
Comment

CAPTCHA